「隠れたナイスバディ」の谷村美月、「女優魂」が劣化を促進させている?

素朴かつ清純な雰囲気で、異性からも同性からも評価の高い女優である谷村美月さん(25歳)。
20代の女優さんの中では珍しく「控えめ」な雰囲気が魅力であるとも言われています。

谷村美月

谷村美月さんが女優デビューをしたのは2002年のこと。
NHK連続テレビドラマ『まんてん』で小日向文世さん演じる穂積甚六の娘を演じ、好評を得ました。

スポンサーリンク

映画好きの人の間では、映画著作権協会が劇場で流した「海賊版撲滅」のCMが記憶に残っているかもしれませんね。

少女のアップ画面が徐々に黒い涙を流していく…という印象的なCMでしたが、こちらで少女役を演じていたのも谷村美月さんなんですよ。

様々なテレビや映画での活動を行っている谷村美月さんですが、「声優」としての活動も注目されています。

谷村美月
人気監督として知られる細田守さんの大のお気に入り声優であり、『時をかける少女』や『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』、『バケモノの子』と、そのほとんどの作品に出演されているんです。

俳優がアニメに声優として出演することについてはその是非が問われることも多いのですが、谷村さんの場合は声の演技力が高く、「俳優がやっていると思わなかった」「谷村美月はアリ」など、アニメファンからも好評化を得ているようです。

また谷村さんについては、そのスタイルの良さが注目されることもたびたび。

特にセクシーアピールをしているわけではなくてもわかるバストの大きさ(Dカップらしいですね)などには、ネット上でも度々「もっとセクシーな服を着て欲しい!」などと言われてきました。

しかし最近では、そのスタイルや容姿について「衰えた」と言われることも増えている様子。

スポンサーリンク

2014年にテレビに出演した際には、「太ったんじゃない?」と言う声がネット上でも多数上がりました。
またその次の出演の時には、「ガリガリ」「痩せすぎ」と言われてしまうことも。

これには谷村美月さんの出演作品などが関係していると言われています。

病弱な役、薄幸な役柄の時には、谷村さんは元々華奢な体を絞って役に挑んでいるらしいとの噂。
次に元気そうなキャスティングが来た場合には、急いで体を健康的に見せるために太っているのではないかとも言われているんです。

谷村さんは綿密な役作りをすることで知られており、このような「スタイル作り」も役柄のために頑張っているんですね。

ところが、急激な体重の増減は肌をたるませたり、スタイルを悪くさせることが多いのだとか。
そのため痩せるたびに「老けた」「年齢が上に見える」と言われることになってしまうのでしょう。

真剣に役柄に取り組んでいる谷村さんですので、あまり容貌の衰えばかりに注目するのも酷だとは思うのですが…

谷村美月
20代後半を迎えて世間の注目が「劣化」ばかりに向かないよう、「痩せた時のケア」にも力を入れていただきたいところはありますね。

スポンサーリンク

谷村美月さん出演作品は、Huluで観る事ができます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ