御曹司で実力派俳優「加瀬亮」、「二股報道」以降の好感度は!?

その飄々とした風貌と卓越した演技力で高い人気を誇る俳優の加瀬亮さん(40歳)。

実はお父様がアステラス製薬の社長で、彼自身は御曹司であるということは意外と知られていません。

スポンサーリンク


家族の仕事の都合でアメリカで幼少期を過ごした加瀬さんは、いわゆる「エリートの卵」として10代から20代前半を過ごしてきたのだとか。

加瀬亮
そのため俳優人生を送るようになってからもしばらくの間は家族と断絶の時期もあったようです。

大学に入ってから俳優・浅野忠信さん(41歳)の影響を受けて俳優を志すようになり、浅野さんの付き人として過ごしたり、映画製作にも関わるなど、元・エリートコースとは思えない地道な活動を続けていた加瀬さん。

 

『五条霊戦記』でデビューしてからは着実に俳優としてのキャリアを積み、北野武・押井守等の日本を代表する映画監督の作品のほか、クリント・イーストウッドやガス・ヴァン・サント等海外有名監督とも組んで仕事をするなど、主に映画畑を中心に多彩な演技力を発揮しています。

加瀬亮

さて、2010年にはテレビドラマ『SPEC』もヒットし、一躍女性たちからのあこがれの的となった加瀬さんですが…
ここ2~3年では、いわゆる「女性人気度」が下がっていることがやや問題となっているようです。

この女性人気の低迷には、加瀬さんのスキャンダルが大きく影響している様子。
2012年後半~2013年前半頃にかけて女優の市川実日子さん(37歳)との同棲が報道されたのがこの問題のきっかけでした。

スポンサーリンク

二人の交際が始まったのはソフトバンクのCMでの共演がきっかけになったと言われており、同棲年数は既に4年~5年以上になっているのだとか。

交際発覚時点では「ショック」というファンも多かったものの、「美男美女でお似合い」「素敵なカップルになりそう」などの好意的な意見も多く、加瀬さんの人気事態に大きな影響は見られなかったのですが…

 

2013年夏に加瀬さんの「二股」が発覚したことが、ファンたちにも動揺を与えました。
週刊誌に報道されたお相手は、韓国人女優のチョン・ウンチェさん(28歳)。

チョン・ウンチェ

数年間同棲している市川実日子さんとの交際を継続しながら、東京都内や神奈川・湘南地域などで堂々とウンチェさんとデートをする姿に女性ファンたちからは「ガッカリ」という落胆の声が多数上がったのです。

2013年頃からはちょうど日本と韓国の国交にトラブルが頻発してきた時期でもあり、単に「二股」というだけでなく余計にファンからの反発が強まったとも言われています。

 

実際、スキャンダル発覚後の2014年後期からは加瀬さんのテレビドラマ出演率は激減。
これには上記の「好感度下落」が大きく関わっているというのが大方の見解です。

ちなみに加瀬さんが所属している事務所は、浅野忠信さんの父親が経営し浅野さん自身も所属する「アノレ」。
どちらかというとスキャンダルには寛容な事務所であるため、あまり束縛が無いことが「二股」に繋がっているのかもしれませんが…

加瀬亮

日本での俳優活動においては、俳優さん自身の好感度がキャスティングに影響してしまうことも多いもの。
せっかくの素晴らしい演技力を発揮する場を狭めないためにも、スキャンダルはほどほどにしていただきたいところですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ