50代からブレイクのちょいワル俳優「吉田鋼太郎」4度目の結婚相手?「半沢直樹」「新宿スワン」出演

2014年、50代にしてテレビ世界で大ブレイクを果たした俳優・吉田鋼太郎さん(56歳)。
「名前は知らない」という人でも、『花子とアン』の石炭王役としての活躍はご存知の人が多いのではないでしょうか?

吉田鋼太郎

テレビ出演が増えたのはここ5年程度という吉田さんですが、元々は舞台での活躍が多かった俳優さんです。
高校時代から俳優を志し、大学中退後には劇団四季や東京壱組等の有名劇団を経て、蜷川幸雄氏等の実力派演出家から認められる舞台俳優として活躍してきました。
「オセロー」や「リア王」等、シェイクスピア劇を得意とする俳優さんとして舞台劇の世界では知られています。

スポンサーリンク

2010年を過ぎた頃から徐々にテレビへの露出を増やし、人気ドラマ『相棒』や『半沢直樹』等にも出演。
そして2014年NHK連続テレビ小説『花子とアン』で、仲間由紀恵さん演じる柳原白蓮(葉山蓮子)の最初の結婚相手・嘉納伝助を演じ、その骨太な演技が大きな注目を集めました。

2015年に入ってからも、押井守監督作品『TNGパトレイバー首都決戦』でテロリスト役、園子温監督作品『新宿スワン』で極道役等、日本では数少ない「本格的な強面役」ができる俳優として個性派監督達からも高い評価を得ています。

そんな実力を持つ俳優・吉田さんですが、私生活も往年の俳優らしい「破天荒さ」があった様子。

弱冠20歳にして一般人女性と同棲(事実婚)をしていますが、籍を入れないうちにこの関係は破局。
また50歳に至るまでの間に、これに加えて2回の離婚を経験しています。

特にそのうち1回は3歳にならない子供を連れて奥さんが家出をしてしまったそうで、この離婚経験は吉田さんのその後の恋愛事情にも大きく影響を与えているようです。

しかしこの家出・離婚の原因は、吉田さんの「女遊びの激しさ」と「酒癖の悪さ」にある様子。
子どもと離れ離れになったことは少々同情しますが、やはりあまり「家庭」というものに向いていないタイプなのかもしれません。

安蘭けい

なお、吉田さんは現在、舞台の共演相手だった宝塚出身女優・安蘭けいさん(44歳)とお付き合いをなさっているとのこと。
この交際は2011年から続いているものであり、お互いに善きパートナーとして温厚な交際が続いていると本人も認めています。
お互いの芸能活動を尊重する上で「結婚は難しいかも」という考えがあると表明しているようです。

吉田鋼太郎

ただし、この発言については「まだ女遊びが足りないのでは?」という見解も多く見られます。
確かに現在ブレイク中の吉田さんには、最近では20代女性を中心にしたファンが急増している様子。
60歳近くになって「モテ期」が再度やってきた状態と言えるでしょう。

元々の派手な恋愛遍歴は最近では鳴りを潜めているようですが、もしかしたら次の結婚相手は更に「意外な相手」となるかもしれませんね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ